兼六ホーム株式会社


防火性


防火仕様Fire retardant property

たびたび登場するダイライトパネル。不燃性能も持ち合わせています。ダイライトパネルは燃えにくい無機質素材でできているため、その効果は実験でも実証されており、不燃・準不燃材料としても認定されています。
弊社で採用しているグラスウール系断熱材はガラスが主原料なので火に強く燃えにくいです。
耐力壁材であるダイライトパネル、断熱材のグラスウールにもそれぞれ不燃性能が備わっています。各所に防火性能に優れた材料を使用することで住まいという財産と人の安全をしっかりと守ります。

省令準耐火構造Fireproof

火災が発生した場合の、省令準耐火構造と一般的な構造の燃え方の違いです。
この違いは、屋根は不燃材料、外壁及び軒裏は建築基準法の防火構造を採用すること。
「防火区分化」のため、室内の壁・天井に強化石膏ボードを採用すること。
火災の通り道となる壁や天井内部の要所にファイヤーストップ材を設けること。
これら3つの構造を採用することにより、より火災に強い家を作り出すことができます。
「省令準耐火構造」は住宅金融支援機構の融資等に特有の構造で、建築基準法に定める準耐火構造とは異なります。先ほどの3つの構造を採用することにより以下の3つの特徴があります。1.隣家から火をもらわない(外部からの延焼防止)。2.火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない(各室防火)。3.万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる(他室への延焼遅延)。

火災保険優遇fire insurance

「省令準耐火構造」の建築物は火災保険料が一般の木造住宅よりも割安となります。
省令準耐火構造による火災保険の優遇のほか、地震保険を付帯する場合も地震保険料が割安となります。
閉じる